妊娠中も利用可能なマタニティエステ

妊娠中も利用可能なマタニティエステ

妊娠中でも、自分を磨くためにエステサロンに通いたいと言う人や結婚式があるから妊娠中でもブライダルエステを受けたいという人が多くなってきています。

確かに、妊娠中はストレスなども良くないですから、エステでリフレッシュというのも良いですね。
そんな妊娠中のエステサロンには、いつも通りには出来ない事もありますので、注意が必要になってきます。

・妊娠中にはフェイシャルエステが人気!

妊娠中にもエステサロンに行きたいと言う人におすすめなのが、フェイシャルエステです。
フェイシャルエステは体に巣短が掛からないので妊娠中の方でも気軽に受ける事が出来ます。
妊娠してからは妊娠前よりも肌荒れが気になってきたという方も多いのではないでしょうか。
妊娠中はホルモンバランスが乱れてくるので、ニキビなども出来やすくなってしまうのです。
肌荒れが目立ってしまうとそれだけでストレスになってしまいますし、化粧のりも悪くなってしまいます。
そんな時にはフェイシャルエステで綺麗な肌になって気分もリフレッシュしてみてはどうでしょうか。

・妊婦さんでも骨盤調整が出来る

妊娠中は、腰痛に悩まされるという方もとても多いです。
その理由は、骨盤が開いたりして歪んでしまう事が原因の1つになっています。
最近では、妊婦さんでも骨盤調整が出来るというエステサロンが増えている事を知っていますか?
骨盤の歪みを治す事で、腰痛を軽くする事はもちろん、安産になりやすくなってくれるという効果も期待できるのです。
更には出産後の産後太りを防いでくれるという効果もあるので、体型維持をしたいという方にもおすすめできます。

・妊娠中はソフトマッサージもおすすめ!

妊娠すると、体中がむくんできてしまって体重が増えてしまう事がよくあります。
むくみは体に悪いですし、体重が増えてしまうと気分が落ちてしまいますよね。
そんな時はエステサロンでソフトマッサージを受けてみてはどうでしょうか?
ソフトマッサージではふくらはぎや太もも、腕やデコルテ、顔などをマッサージする事が出来ます。

この様に、妊娠中でも気軽に通えるエステサロンはたくさんあります。
そうは言っても、妊婦さんは受け付けてくれないエステサロンもありますので、まずは行ってみたいエステサロンに問い合わせてみましょう。

 

マタニティエステの注意点3つ

マタニティエステを受けてみたいと思っている方は意外と多いと思います。
最近では、マタニティエステが出来るエステサロンも多くなってきていて気軽に通える様になってきていますね。
しかし、妊娠中にエステというのは何かと不安になってしまう要素も多いでしょう。
そんな時は、マタニティエステを受ける時の注意点をしっかりと確認しておきましょう。

・妊娠初期と臨月は避けましょう!

妊娠初期は、最も流産が多い時期だという事を知っていますか?
そんな時にマタニティエステを受けるのは避けたほうが良いと言えます。
妊娠初期にマタニティエステを受けてしまった事で流産になってしまったり切迫流産になってしまう危険性があるからです。
また、臨月にエステを受けるというのも止めたほうが良いでしょう。
マタニティエステがいくらソフトタッチだといっても、刺激を与える事には変わりありません。
その刺激で陣痛が始まってしまったという妊婦さんも多いのです。
ですので、マタニティエステを受ける時は妊娠中期にしましょう。

・気分が悪くなったらすぐに休む事!

気分が悪くなったらすぐに休む事!

妊娠中はすぐに気分が悪くなったり貧血になったりします。
もしマタニティエステをしている最中に気分が悪くなったら絶対に我慢をしないでください!
また、妊娠中は匂いにも敏感になっている事でしょう。
アロマオイルの匂いで気分が悪くなってしまうという事もマタニティエステではよくある事です。
スタッフの方もその事は十分に理解をしてくれていますので、その場でしっかりと気分が悪い事を伝えましょう!

・お腹が張ったら休憩を取る

何もしていないのにお腹が張ってきた…という事が妊娠中はよくありますよね。
もしエステ中にお腹が張ってきてしまったらすぐに休憩を取ってください。
なかなか張りが収まらないという時は絶対にエステを続けようとせずに中断しましょう。

この様な注意を守れば、妊娠中でもエステを楽しむ事が出来ます。
妊娠中はデリケートですので、くれぐれも無理をしないようにしましょう。